2005年08月19日

ピアノ搬入大作戦

引越しの最大の難関はピアノの搬入。今回は2階に置くことにしていました。
室内の階段からでは搬入がもともとできませんでしたので、クレーンで搬入することになっていましたが・・・。

2005_0819_07s
  
続きを読む


posted by 太郎丸 at 19:34| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

床に蜜ロウワックス塗り

お盆に引越しの予定が組まれ、それまでにいくつかの準備。
カーテンやロールスクリーンの選定。これはインテリア屋さんとの打合せで取り付けまでお願いできます。
床の仕上げは杉の厚板そのままでしたので、汚れ防止やツヤだしのためにワックス塗りを行いました。これは施主支給工事。
簡単にいえば、建て主さん自らが行うということです。(宮越もお手伝いをしましたよ)

2005_0809_09s

ワックスには未晒しの蜜ロウワックスを塗ることにしました。これは、自然素材で素人でもスポンジなどで簡単に塗れ、のちのちの手入れも同様に簡単にできるので、お勧めのワックスです。

2005_0809_03s

床へのワックス掛けの要領は、塗らない部分へはみ出さないように養生テープで保護することがポイント。
巾木へ養生テープを張り回す。洗面台などのカウンターも杉でしたので、壁際などはしっかりと養生しました。
杉はけっこう染み込みますので、たっぷりと塗りつける。2〜3時間ほど時間を置いて布きれで余分なものをふき取り、乾燥させる。
蜜ロウは手についても害にはなりませんが、ビニール手袋の上に布手袋をはめ、細かなところは、布手袋に染み込んだワックスで塗るというのがよさそうという結論。ビニール手袋をはめると、中は汗でびっしょりになりますが・・。
足も古いソックスはいたほうがよいでしょうね。

2005_0809_11s

杉にワックスを塗ると、その場で飴色にツヤもでてくるので、ぐっと締まった感じになります。床だけでなく、全ての部分に塗りたくなってくるのですが、まずは床だけ。2階に飛び出ている大黒柱には塗ってみました。

※参考HP
  ・蜜ロウワックス
[2005.08.09]
posted by 太郎丸 at 19:29| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

今日も暑い見学会

見学会2日目も暑い、暑い。
残念ながら今日はアイスキャンディ売りは現れず。残念!
建て主さんもご家族で完成の様子を見にこられました。助産婦さんを連れられて。
予定日を過ぎていらっしゃいましたので、ちょっと心配でしたが。この晩に無事に男の子が誕生されました。早くこの家に住みたいとでてきたのでしょうね。きっと。
建て主さんにとっては、この夏は嬉しくもたいへん忙しい夏になったでしょうね。

2005_0731_28s

ご近所の皆さんや遠方からも見学にお越しいただき、木の家の参考にしていただけたようです。
無事見学会も終了し、工事も外構の一部を残すだけとなりました。
[2005.07.31]
posted by 太郎丸 at 19:23| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

昔なつかしいアイスキャンディ売り

 本日は完成見学会の初日で何組かの皆さんに見学いただきました。タケワキ住宅建設でこれから刻みの始まる施主の方も設計者の方と共に見学されました。参考になれば幸いです。そこは、建て主施工の土壁塗りとか。

2005_0730_matu026s

今日は、気温、湿度ともに相当に高かったようで、風もほとんどなく、夏のいちばん厳しいといった状況でした。南北に窓があっても風が抜けませんでしたので、土壁の室内でもちょっと蒸し暑かったですね。湿気が体にまとわりつくような感じでした。扇風機程度はほしかったところです。

2005_0730_37s

 そんなことを思っていると、昔懐かしいアイスキャンディ売りがやって来ました。建物のシルエットにぴったりとマッチしていますね。冷たいものが今日はいちばん。
明日も売りにきてくれるかな?
posted by 太郎丸 at 19:07| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

外部デッキ

2005_0720_58s

 なんといってもこの家の特徴はこの木製デッキ。
 家へのアプローチであり、1階の居間と連続する外部空間となります。ちょうど隣の住宅の1階には窓もなく、こちら側の2階建て部分とに挟まれ、囲まれた落ち着きあるほどよい広さの空間に仕立て上げられそうです。木製フェンスや同様の造りのオイルタンク隠しもこの囲みにこの家らしい雰囲気を作り出しています。
 デッキの下には浄化槽が設置され、そのマンホール蓋などを隠す役割もしています。メンテナンスは、スノコが外れるように部分部分でパネル化されているのです。
 余談ですが、確認申請のときに市役所の担当から、デッキの下に浄化槽を設置する場合には風の流れを考えておいた方がよいとアドバイスを受けました。床下換気口などから室内に臭気が入り込む危険性があるということのようです。ちょっとこちらでも引渡し後に確認はしておきたい項目です。

2005_0720_64s

2階のバルコニーからの眺めはトウモロコシ、ナス、サトイモ畑。
いちばん向こうにナシ畑。
[2005.07.20]
posted by 太郎丸 at 23:27| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

外構工事が始まる

2005_0709_31s

建物の南側と東側にとりつく、木製デッキや木製フェンスの位置出しと基礎の工事が行われています。
浄化槽や配水管の配管は完了しました。

2005_0709_33s

道路の向かいは畑で、いまナスやトウモロコシが大きく育っています。当分の間はこのようなのどかな状況が期待できるでしょう。この周辺はナシ畑などもまだ残っていて、生活感のある季節の変化を身近で感じることができます。
[2005.07.09]
posted by 太郎丸 at 17:25| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

オリジナルキッチンの取り付け

2005_0707_10s

台所はワークトップをステンレスの特注品とし、キャビネットは木のパネル材を用いて大工造作として製作してもらいました。シンクのワークトップの対面にはスギのダイニングテーブルが置かれる予定です。

2005_0707_18s

テーブル板は天竜で見た、厚い杉の版から製作します。
[2005.07.07]
posted by 太郎丸 at 17:18| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

足場が外れた!

2005_0625simo_01s

外壁も張り終わり、外部漆喰塗りも完了しました。足場をばらして、設備の外部配管、外構の段取りに入っていきます。

2005_0627_22s

2005_0625_001s

内部では、漆喰塗りの仕事など仕上げの工事が進んでいます。
[2005.06.25]
posted by 太郎丸 at 17:10| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

外壁の板張り

2005_0611_09s

外壁は杉板を目板張りのタテ張りとします。板と板の間は少し隙間を空け、この部分を目板でふさぎます。納まりはいたって単純です。板が将来多少反ったりして一部から雨水の浸入は想定されますが、雨水が板の裏を伝わって一番下の水切り部分で外部に流れでるという考えです。
板は常に湿気にさらされているのは好ましくありませんが、一時的であればすぐに乾きますから問題ありませんし、完璧に雨水の浸入を防ぎきらなくても土壁までに影響を及ぼすことはまずありません。あくまでも、土壁の保護が最大の目的となっています。
[2005.06.11]
posted by 太郎丸 at 22:23| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

階段が付く

2005_0611_19s

建物の一番北に計画した階段が取り付きました。階段の部分も可能な限り開放感があるように手摺りもオープンです。階段は収納として利用します。ここには斜め板張りの扉が付く予定です。

2005_0611_33s

内部造作も終わりに近づいて、最後の仕上げを決める段階になってきましたが、建て主さんと漆喰の色合い(写真では分かりませんが3つの見本はワラすさの配合で色合いが異なります)や浴室のタイル、台所廻りのキッチンパネルなどの打合せをしながら、ひとつひとつを決めていきました。近々、お兄ちゃんになるお子さんもこの色がいいと、打ち合わせに参加。なかなか渋めの好みかな?
[2005.06.11]
posted by 太郎丸 at 22:00| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。