2005年11月05日

外構の打ち合わせ

 建物の完成、引越しから2ヶ月半が経ちました。落ち着いてからということで、外構の打合せでうかがいました。建て主さんは、引越しと出産とで大忙しであったった状況も多少落ち着かれた様子。

2005_1105_24s

 食堂には3寸厚の杉の板を使かったテーブル(あの板です)が、どっしりと存在していました。長さは2.4mありますので、動かすのはちょっと大変です。置いてあるのではなく、やはり存在していたといった実感でした。脚は6寸の通し柱の切り落としが使えました。

2005_1105_63s
         門扉はなし。麻縄で境をつくる。

 お子さんにとっては、ウッドデッキがご近所の友達との格好の遊び場になっているそうです。道路境はいまのところオープンなので、庭も広く使え元気に走り回ったり、土をほじくったりしている様子がうかがえました。 ウッドデッキは上で遊ぶだけでなく、小さい子がもぐるにはちょうどよい高さなので、頭をぶつけぶつけしながらも遊び場としては楽しいのでしょう。

 打ち合わせは、隣地境の植栽と、落葉の庭木を一本。門から、デッキまでのアプローチの敷石を決めました。徐々に建物の足元から周辺が決まってくると、らしくなってきますね。
 道路境は行き止まり道路のため、人通りはあっても車がほとんど来ませんから、様子を見ながら考えていくのが良さそうです。でも、ちょっとオープン過ぎて、庭にまで入って家の中を覗き込まれたとか・・・。

2005_1105_72s

[2005.11.05]
posted by 太郎丸 at 21:35| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。