2005年04月11日

竹で小舞を掻く

2005_0411_04s

今朝のM6を超える地震には驚きましたね。現場でも被害はなくひと安心。
現場は、先週から小舞掻きの工程に入っています。タテにヨコに割り竹を間渡し竹に、ここでは藁縄でくくりつけていきます。

2005_0411_15s

2005_0411_20s

屋根の矢切(三角になるところ)部分は扇の骨のようにくくっています。竹の長さも少しづつ異なり、他の部分と比べて作業性が悪く、時間が必要な部分です。
土壁の下地としてしっかりと掻かれていきます。

[2005.04.11]


posted by 太郎丸 at 22:01| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。