2005年02月24日

建て方初日:土台敷き

いよいよ、現場で木組みの架構が立ち上がっていきます。

2005_0224_019s

今回は、土台を敷き、大引と足固めを組みながら大黒柱までを立て込むところまでが建て方初日の段取り。
土台の位置を正確にそこに合うように墨出し(土台の外面位置を基礎上に墨付け)しています。これが建物の足元での基準となります。

2005_0224_050s

土台はアンカーボルトの穴あけをしながら、基礎の上に固定していきます。
アンカーボルトの位置出しは現場合わせですから一箇所一箇所位置を確認して、ドリルで穴を開けていきます。

2005_0224_087s

2005_0224_078s

2005_0224_075s

土台の継ぎ手は金輪継ぎ。土台より太い通し柱の位置では、落としありで仕口での納まり。
布基礎天端のネコは毎度おなじみの栗、耐圧盤の上はネコモルタル。

[2005.02.24]


posted by 太郎丸 at 17:44| 五香の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。